私達の技術力


保線業務総合処理システム
TOTAL-MRTOC

 保線業務総合処理システム TOTAL-MRTOC は、保線業務に用いている各種情報 (各種台帳、日報、検測データ等) を一括管理し、保線業務を支援するシステムとして開発されました。

 当初、各種情報は個々に管理されていましたが、現在ではレール台帳をはじめとする各種台帳、検測波形等を比較表示する管理図システム、地図上での軌道線、苦情情報、マルタイ投入箇所のレイヤ表示を可能とした地図情報システムにより、個々に管理されていた各種台帳、日報等のデータを一元管理し、円滑かつ視覚的に操作を進められるようになっています。
 また、レール交換時期、レール削正車投入時期等を日々入力したデータから算出、シュミレートする保守計画支援システムも開発中です。

 TOTAL−MRTOCは管理図システム、地図情報システム、保守計画支援システムを三本柱とし保線業務を強力にサポートします。

 

 

 

Copyright (C) 2002 Total Information Service Corporation. All Rights Reserved