鉄筋腐食によるひび割れの解析

 

解析概要
   鋼材の腐食膨張によるコンクリートのひび割れ事例が多数報告されております。そこで、TOTAL−RCを用いて鉄筋の腐食膨張を考慮したひび割れ解析を行いました。モデルは、対称条件を用い、荷重は、鉄筋とコンクリート間の要素が、膨張することとしてモデル化しております。

  解析条件

 

解析種類

非線形

解析モデル図

解析手法

Newton-Raphson

解析モデル

2次元で1/2対称領域

ひび割れ表現手法

分布ひび割れモデル

座標系

XY

拘束条件

通常拘束

要素タイプ コンクリート

4節点アイソパラ平面ひずみ

鉄筋 4節点アイソパラ平面ひずみ
ボンド 4節点アイソパラ平面ひずみ

非線形性

非線形特性のイメージ

コンクリート 特性 非線形

○ ひび割れ残留応力

材料特性

等方性

ひび割れ判定時期

全イタレーション

ひび割れ判定法

最大主応力

ひびわれ残留応力

同時開放型

ひびわれ残留剛性

同時開放型

鉄筋

特性

弾性

ボンド

特性

弾性

荷重

温度荷重により腐食部が膨張

  解析結果
  解析結果として、変形図・クラック図・主応力図・主応力の等高線図の順に示しました。
 
←解析結果はこちら
   
 

Copyright (C) 2002 Total Information Service Corporation. All Rights Reserved