水和反応モデルを用いた3次元温度応力解析システム
Total-DTPS

  Total-DTPS (Development of Thermal Stress Prediction System) はコンクリートの温度応力解析プログラムです。本システムは、セメントの水和反応モデルに基づいてコンクリート内部の温度履歴・温度分布、及び強度発現特性を得て、コンクリートのひび割れ抵抗性を予測します。
 
  特徴

 

 セメントの水和反応モデル(友澤式)からコンクリートのひび割れ予測が可能

 

 3次元構造メッシュの自動作成

 

 有限要素法(FEM)を意識せずに応力予測が可能
 
  操作概要

 

 対称構造選択 ・マット ・壁(柱) ・カルバート の3種類から選択

 

 寸法入力 ・構造物の高さ ・幅 ・長さ ・打設スケジュールを指定

 

 物性値入力 ・熱特性 力学特性入力 (コンクリート・地盤)

 

 環境条件入力 ・計算期間 時間刻み 外気温度 地盤の初期温度を入力

 

 メッシュ分割 ・自動メッシュ分割

 

 計算実行 ・温度応力解析計算の実行

 

 結果表示 ・温度 応力分布図 時刻歴 等を表示 ひび割れ評価表を出力 
 
  動作画面例
 


クリックしますと拡大画像を
ご覧になれます
     
 
 

Copyright (C) 2002 Total Information Service Corporation. All Rights Reserved