RC構造物の三次元非線形解析システム
Total-RC


  TOTAL-RCは、有限要素法(FEM)による3次元非線形解析システムです。コンクリートのひび割れ現象、鉄筋の引き抜け挙動、あるいはソフトニング現象などを容易に表現することができます。
 
  主要機能

 

 解析次元 ・2次元 ・3次元 ・軸対称

 

 解析手法 ・荷重増分法 ・Newton-Raphson法 ・Skyline法

 

 境界条件 ・タイイング ・局所座標

 

 非線形特性 ・弾塑性 ・離接 ・クラック ・Kupfer ・Softning

 

 荷重条件 ・集中荷重 ・分布荷重 ・熱荷重 ・強制変位 ・加速度荷重

 

 要素ライブラリ ・トラス要素 ・梁要素 ・バネ要素 
・平面応力要素(3-8節点) ・平面ひずみ要素(3-8節点) 
・膜要素(3-8節点) ・接触要素(4-6節点) ・ソリッド(4-20節点)

 

 図化処理機能 ・構造図 ・変形図 ・主応力図 ・等高線図 ・クラック進行図 ・各種グラフ
 
  システムフロー
 



 

 ATM ・自動メッシュデータ作成

 

 IG ・プリプロセッサ

 

 SOLV ・解析モジュール

 

 OP ・構造図 ・変形図 ・主応力図 ・等高線図 ・クラック進行図

 

 GP ・各種グラフ

 

 OP ・解析結果
 
TOTAL-RCの理論説明  
  TOTAL-RC理論説明書はこちら (PDF形式,別ウィンドウとなります)
  
TOTAL-RCを使用した解析例

JCI試験体の解析

袖壁を有する柱の解析

鉄筋腐食によるひび割れの解析
 
RC理論 推奨サイト  
 

 もっと知りたいコンクリート講座
    武蔵工業大学工学部都市基盤工学科

 
 

Copyright (C) 2002 Total Information Service Corporation. All Rights Reserved